お問い合わせカート

未入力です

製品に加える

トータル : 0ユニット

最新ニュース

最新サービスとイベント情報をお知らせします!

  • 2021

    07.09

    default_image_1

    2021台北国際プラスチック・ゴム産業展-リアル展示会開催中止

    もっと見る
    イベント

    2021台北国際プラスチック・ゴム産業展-リアル展示会開催中止

    外国貿易協会と機械協会が共催する「台北国際プラスチックゴム産業展」(TaipeiPLAS)は、2021年9月28日から10月2日まで台北南港展覧館1ホールで開催され、上記と同じ日程でオンラインにて開催する予定です。新型コロナウイルス感染症の影響を考慮いたしまして、今年TaipeiPLASの開催を中止させていただくことになりました。2022年に延期される予定です。 弊社は今年リアル展示会の参加予定をキャンセルいたします。 各種リサイクリング及びインフレ成形設備のお問い合わせは、公式サイトにメッセージ送る又は直接お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

  • 2021

    05.18

    7782-ref._2[1]
    もっと見る
    最新ニュース

    プラスチックリサイクルソリューション-削減すること

    現在“リデュース、リサイクル、リユース”は注目されている課題です。包装材料の製造を主な事業とするオーストラリアの顧客は、包装材料の分野のメーカーは「リサイクル」と「リユース」に更に注目されていると述べています。 「たとえば、大量の印刷物を含む包装材料をリサイクルしてからペレットを作り、再生ペレットを改めて生産してから、再生包装材料になります。しかし、「減量」の問題が完全に解決しなかったです。 当初は「減量」ができないというジレンマに直面していましたが、一億の二段式プラスチックリサイクリングマシーンを設置した結果、ようやく道を見つけたと断言しました!比較的安定した優れた設備のリサイクル作業を実行するために、リサイクルされたペレットの品質特性をそのまま維持できるだけでなく、再生材料の優れた靭性と品質は、その後のブローフィルムプロがうまくいきます。最終製品は、材料を削減する場合に使用できます。同じ靭性と耐久性を提供します。 実際には、プラスチックの景気循環は予想ほど難しくはありません。 サイクルの実行中に適切な機械と設備が選択されている限り、コストを節約しながら、材料の使用を減らすことができます。

  • 2021

    02.24

    cpe_film_435x260
    もっと見る
    最新ニュース

    エンボスフィルム設備のソリューション(医療用防護服)

    日本向けのCPEシリーズマシーンの出荷前の試運転を行ったところ、使い捨て医療用使い捨てガウンを生産する予定です、最終製品の厚みは0.12mmとなっており、生産量は120-150kg/hrまでは客様の希望です。 客様は端材を再利用するため、端材リターン装置、ダブルシリンダーバーリ引取機をオプションしました、ラインから出た端材を粉砕してブロワーで押出機の材料投入ホッパーまで吹き出すというシステム、このようにすれば廃プラや廃棄物などの産出可能がなくなりまして、端材のリサイクルが出来ます。 エンボスフィルムを上手く生産するのにバーチンとリサイクルペレットの割合が一番重要、端材を使うことはウィンウィンなサイクルだと思います。 もっと見る

もっとニュース